携帯アフィリエイトNAVI

Adsens(アドセンス)の設置方法(CGI)

サーバーのスクリプト言語「CGI/Perl」とSSIを使った設置の方法を紹介します。是非参考にしてみてください。

[STEP-1]
「AdSense設定」画面
モバイルコンテンツ向けAdsens」を選択

[STEP-2]
「広告タイプの選択」画面
「広告ユニット」はサイトのイメージにあわせて自由に選択

[STEP-3]
「広告スタイルの選択」画面
「形式」⇒「シングル」、「ダブル」いずれかを選択
「マークアップ」⇒「XHTML(WAP2.0)」を選択
「文字エンコード」⇒「日本語(Shift_JIS)」を選択
「色」⇒サイトのイメージにあわせて自由に選択

[STEP-4]
「広告チャネルを選択」画面
管理しやすいチャネルを作成し選択

[STEP-5]
「広告コードを取得」画面
サーバーサイドのスクリプト言語⇒「CGI/Perl」を選択
表示された「Adsensコード」をコピーしテキストエディター(「メモ帳」など)に貼り付ける

[STEP-6]
貼り付けたテキストエディター
一行目「#!/usr/bin/perl」を使用サーバーに合わせた形に書き換える(※)
(※)さくらのサーバー、ロリポップ、XREA等一部のサーバーは書き換えせずこのままで可
print "Content-type: text/plain\n\n";」という一文を追記する
「○○○.cgi」など拡張子を「cgi」で保存

[STEP-6]
FTPソフトでサーバーにアップロードする
アッフプロードしたcgiファイルの属性を「755」に設定

[STEP-6]
Adsensを表示したいファイルの拡張子を「html」から「shtml」に変更
Adsensを表示したい箇所に「!--#include virtual="ads.cgi"--」というタグを挿入します。タグは< >で囲って挿入してください。
Adsensを表示したいファイルをあとはアップロードする

以上で作業は終了です。
表示されるまでに時間がかかる場合もあります。時間がたってから経ってから確認してみましょう。


トップページに戻る